文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > ERP/基幹業務システム スーパーカクテル > 食品業の導入事例 > 調味料製造業:丸善食品工業株式会社

お客様導入事例調味料製造業×食品業向けパッケージシステム

スーパーカクテル導入事例レポート|調味料製造業 丸善食品工業株式会社 様 (東京都板橋区)

販売管理から生産管理、原価管理まで基幹業務システムの刷新と一元化を推進し、タイムリーなデータ分析・集計の環境を整備。

丸善食品工業株式会社は、ラーメンやカレー、デミグラスソースなどのベースとして欠かせないスープ製造においてプロ料理人の味を支える“味力”を追求。「業界で知らぬ者はいない」というポジションを獲得してきました。現在、同社の商品は、約800種類を数え、商圏も国内全域のみならず広くアジアまで拡大しています。
こうした近年における同社の成長を支えているのが、内田洋行とのパートナシップのもとで推進してきた基幹業務システムの刷新と絶え間ない改善です。2008年に販売管理を対象としてERPに移行し、業界標準の業務プロセスを導入。さらに2015年、その対象範囲を生産管理や原価管理にも拡大してきました。また、ERPに集約される多様なデータを分析する基盤としてBIツールを導入。経営陣から営業部門や工場の担当者まで、全社横断の情報をタイムリーに入手し、素早い判断を行える環境を整えました。この業務改革に向けた一連の取り組みについてお話を伺いました。
導入システム スーパーカクテルデュオ FOODs
Dr.SUM EA
MotionBoard
対象業務 販売管理、生産管理、原価管理
ソリューションパートナー 株式会社内田洋行
ウイングアーク1st株式会社
導入前の状況     |     選定のポイント     |     導入効果     |     今後の展望
課題と導入効果
課題

スクラッチ開発された販売管理、生産管理などの既存の基幹システムは、個々の業務で属人化し、改修するのが困難だった。

原価管理について、人件費や原材料の変動をシステムに反映できないなど、現実とかい離していた。

スーパーカクテルデュオFOODsを導入!
導入効果

ERP パッケージを活用し、食品業界の標準的な業務プロセスを導入した。

労務費、経費、原材料費の3つの原価を実態に合わせた基準に沿って按分し、工場全体、生産ライン、製品単位といった任意の管理レベルで算出することが可能となった。

導入システムの詳しいご案内資料を差し上げます
スーパーカクテルデュオFOODs導入事例
丸善食品工業株式会社様
↑ページのトップに戻る

基幹業務システムの刷新は、販売管理を対象とした2008年のERPパッケージ導入から始まった

左:取締役 生産本部 部長 兼 生産部 工場長 武田信幸 様
右:生産管理部 業務二課 課長 内沢博昭 様
長らく同社は、スクラッチ開発したシステムで基幹業務を運用してきました。販売管理も例外ではありません。しかし、このシステムは旧世代のWindowsをベースとしたもので、OSのバージョンアップも難しい状況でした。そこで2007年、同社は販売管理の刷新に踏み切りました。その基盤として導入したのが、内田洋行の食品業向けERPパッケージ「スーパーカクテル デュオFOODs」(以下、スーパーカクテル)です。プロジェクトを先導した同社 生産管理部 業務二課の課長を務める内沢博昭氏は、このように話します。

「属人化していた業務を標準化するためにERPパッケージに注目しました。中でもスーパーカクテルは、賞味期限の管理を必須とする食品業界の業務プロセスに特化し、多くの導入実績を持っています。他社にできたことを私たちにもやれないはずがない、と導入を決断しました」

実際、同社はわずか8か月という短期間でシステムの更新を完了。翌2008年3月に本番稼働を開始しました。これにより見積から受注、引当、出荷、売上にいたる販売管理業務を効率化し、大幅なスピードアップを実現することができたのです。

同社の取り組みはこれにとどまりません。続いて取り組んだのが、BIツールの導入です。これまで同社は基幹業務システムに蓄積されたデータを分析・集計するための専用ツールを持たず、その都度AccessやExcelを使って個別に対応していました。しかし、分析・集計の視点は営業部門や工場、あるいは役職によっても大きく異なるため、依頼が集中するIT担当者の負荷は増大する一方でした。この課題の解決策として、内田洋行から提案されたのがBIだったのです。

「いくつか提示された製品候補の中で目にとまったのが、唯一の国産ツールであったウイングアークの『Dr.Sum EA』です。分析の専門知識を待っていなくてもビューやテーブルを定義し、エンドユーザーが使い慣れたExcelインタフェース上でデータ分析・集計を行える点に魅力を感じました」(内沢氏)

これによって同社は、任意の期間や前年度比較、商品別、担当者別など、視点を柔軟に切り換えながらデータ分析・集計を実施し、全社統一の物差しで予実管理や経営の迅速な意思決定を行える環境を整えました。

↑ページのトップに戻る

販売管理と生産管理のマスタを一元化し、業界標準の原価管理手法を実践することで経営を強化する

2014年、同社は経営品質ならびに顧客満足度の向上を支えるIT 基盤のさらなる強化に向けた取り組みを開始しました。新たなテーマは、ダッシュボードの導入による経営支援です。先述のとおりDr.Sum EA の導入によって、同社は柔軟な視点でデータ分析・集計を行えるようになりました。ただ、そのユーザーは主に営業部門に集中しており、より広範な業務での活用を進めたいと考えたのです。

経営層や管理部門からも「一目で経営状況を把握できるビジュアルな情報を提供してほしい」「タイムリーな情報をいつでも、どこからでも見られるようにしてほしい」といった要望が寄せられており、その課題を解決するためにウイングアークの「MotionBoard」の導入を決めました。

さらに2015年には、スーパーカクテルのモジュールを追加導入し、適用業務を生産管理と原価管理にも拡大しました。

「直接的なきっかけは、旧世代のAccess をベースにスクラッチ開発した既存の生産管理システムのサーバーの更改ですが、それ以上に運用面として大きかったのは、販売管理と生産管理で二重登録されているマスタを統合したいという思いでした。また、これまで行ってきたアバウトな“みなし原価”のやり方では、人件費や原材料の相場変動を正確にシステムに反映できないなど、現実のビジネスとかい離している面がありました。スーパーカクテルの生産・原価モジュールを導入することで業界標準の原価管理方法を学び、実践したいと考えました」(内沢氏)
↑ページのトップに戻る

営業部門から工場まで横串で貫いたデータ分析・集計をスピードアップし、工場全体、生産ライン、製品単位の緻密な原価管理を実現

販売管理から生産管理、そして原価計算まですべての基幹業務のプロセスとデータがスーパーカクテルに一元化されたことで、営業部門から工場まで横串で貫いたデータ分析・集計が大幅にスピードアップしました。

さらに大きな改善を遂げたのが原価管理です。労務費、経費、原材料費の3つのコストを実態に合わせた基準に沿って按分し、工場全体、生産ライン、製品単位といった任意の管理レベルで実際原価と予定原価(標準原価)を算出できるようになりました。また、生産管理で策定した見込み生産計画に基づいて原材料の使用量を算出するほか、過年度の実績値と併せて見ることで生産コストを予測することも可能です。

「こうした原価データもDr.Sum EAに取り込むことで、一定期間の平均原価を計算するほか、原料価格の変動による製品利益への影響を考慮した売上単価の試算、損益分岐点の分析などを行うことができます。特にここ数年は原材料の相場が高騰する傾向にあり、どこまで値上げすることなく踏みとどまり、お客様からの要求コストにお応えできるかという判断が非常に難しくなっています。チャンスロスを回避して収益を最大化するためにも、こうした緻密な原価管理を実践し、環境変化にタイムリーに対応した経営層の意思決定を支援できるようになったことは、当社にとって大きな前進と言えます」(内沢氏)

実際、同社は右肩上がりで年商を伸ばしており、2015年度の決算では55億円を達成しています。こうした業績の伸びとシステムの因果関係を明確に示すことはできませんが、基幹業務システムを刷新してきた一連の取り組みが、同社の経営改善や競争力強化に大きく貢献していることは間違いなさそうです。
↑ページのトップに戻る

生産現場のペーパーレス化を推進し、品質改善の“気づき”を与えるシステムへの発展を目指す

2016年5月より同社は、iPadの導入も開始しています。もともとの狙いは「MotionBoardのダッシュボードを、どこからでも、より簡単に見えるようにしてほしい」という経営層の要望に応えるものでしたが、生産現場への配備も進めつつあります。

「スーパーカクテルに登録されているレシピ(製品構成マスタ)を見やすく加工して表示するほか、最新の製造マニュアルもiPadを通じて提供しています。最終的には生産現場のペーパーレス化を実現するとともに、品質改善のための“気づき”を与えるシステムに発展させていきたいと考えています」(内沢氏)

同社は日本で磨いてきた“味力”を中国やアジア諸国、オセアニアなどグローバル市場に発信すべく、海外の協力会社とのネットワークを拡大しています。また、長年にわたり培ってきたスープ・エキス・オイル抽出製造のノウハウを活かし、食品を超えた「機能性食品原料」という新たな領域へのチャレンジも開始しました。ビジネスの進化をさらに加速していくため、同社はIT基盤の絶え間ない革新を続けています。
スーパーカクテルデュオFOODs導入事例
丸善食品工業株式会社様
↑ページのトップに戻る

新システムの概要図

システム概要図

導入システム   スーパーカクテルデュオ FOODs   
↑ページのトップに戻る

お客様プロフィール

長年にわたり追求し続けてきた“魅力ある味=味力”でプロの料理を支える
天然素材の調味料を日本はもちろん世界に発信する食品メーカー

ラーメンやカレー、デミグラスソースなどのベースとして欠かせないスープ製造においてプロ料理人の味を支える“味力”を追求。「業界で知らぬ者はいない」というポジションを獲得してきました。現在、同社が大手食品メーカーや外食店、航空会社などに提供しているOEM や自社ブランドの商品は、業務用缶詰、レトルト食品、冷凍パウチ、調理加工食品、洋風・中華向けスープ、ブイヨンおよびソース類、エキス調味料(ポーク・チキン・ビーフ・野菜エキス・野菜ペースト)、パウダー調味料(ポーク・チキン・ビーフ)、シーズニングオイル(ポーク・チキン・ビーフ・野菜)、健康食品および機能性食品の原料など約800種類を数え、商圏も国内全域のみならず広くアジアまで拡大しています。
企 業 名 丸善食品工業株式会社
代 表 者 代表取締役社長 竹本 博則
資 本 金 2億1,211.5万円
売 上 高 54億円(2015年度)
設 立 1962年2月26日
従業員数 約 180名
事業内容 調味料(畜肉、野菜)の製造・販売・輸出入、業務用食品(中華、洋食、和食)の製造・販売、健康食品と機能性食品の原料製造・販売・輸出入
U R L http://www.maruzenfood.co.jp/
[ 2016年7月取材 ] 記載内容は取材時の情報です
導入システムの詳しいご案内資料を差し上げます


導入した製品・ソリューション
食品業向けERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」
食品製造業・加工業、食品卸に特化したERPパッケージ/基幹業務システムです。生産から販売まで、製販一体型の業態に最適。賞味期限管理やEOS(オンライン受発注システム)、指定伝票発行など、食品業の商習慣や取引形態に対応した豊富な機能が満載です。

資料請求・お問い合わせ 国内トップクラスの導入実績 ERP/基幹業務システムの決定版!スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

資料請求・お問い合わせ スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

ERP/基幹業務システムの導入事例

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • スーパーカクテル イノーヴァ
  • スーパーカクテル
  • SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.